名は「としふみ」と読む。愛称「フジモン」。この句もテレビ番組「プレバト」から。
花鶏は「あとり」と読む。アトリはスズメ目アトリ科の鳥で、スズメよりやや大きい。頭部と背は黒く、胸と脇は黄褐色、腹は白い。日本には秋から冬にかけて渡来するところから、晩秋の季語になっている。
アトリ科には色彩の美しいヒワや鳴き声の可愛いウソなども含まれる。
いわば、スズメより少々大きめの小鳥。その小鳥が飛んできて、店の近くに降りたったのだろう。朝の店のショーウィンドウには、焼きたてのアップルパイがたくさん並んでいる。おいしそうな色と香り。焼きたてと書かれた洒落た札がその近くには立っている。
アトリが、朝のさわやかな風を運んでくるような、明るい景色の見える句だ。
フジモンは1970年の生まれ。お笑いタレントにして時々詩的な才能のキラリと光る句を作り、周囲をおどろかす。