小島てつを「人生が見えるから俳句は面白い」ブログ版

最近、最新の優れた俳句とその作者を紹介し、俳句の幅の広さ、その奥深さを堪能していただけましたらありがたいです。これをきっかけに俳句を作る人がふえてくれたら、最高です。

アーカイブ:2019年09月

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒 江國 滋

「おい、○○め」は、癌に対する呼びかけ。「酌みかはさうぜ」は一緒に飲もうぜ、とまるで親しい友人に語りかけているようだ。しかし、その相手は癌だ。巧みな擬人化が微苦笑をさそう。逃れたくても逃れられない病苦、喘ぐようなつぶやきである。そして下五「秋の酒」は季語

虫の夜の星空に浮く地球かな   大峯あきら

35度あった気温がここに来て一気に5度ぐらい下がった。昼の蝉の鳴き声は消え、夜の虫の鳴き声へと急速にかわったこのごろである。さて、掲句。虫は静かな声で鳴きとおしている。ここからここまでという堺目がなく、闇という闇すべてで鳴き響いている。まるで闇全体が虫の世界

義経堂木の根に溜まる秋の雨    川崎展宏

義経堂は青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩にある義経寺をいう。平泉を離れた源義経は、ここで三日三晩聖観音に祈りやがて北海道に渡ったという伝説があるという。本州最北端の鄙びた寺にそぼ降る秋の雨も、やがて木の根の窪みに溜まり、鈍色の空を映して義経の行く末を暗示してい

夜の蝉むづかりて鳴きはじめたり    正木ゆう子

昨夜台風の影響で、ベランダの植木鉢など、いくつか倒れていた。今も風が強い。たしかに風台風だったのだ。それはさておき。今年は暑さのせいか、蝉がよく鳴いているのを聞いた。蝉は朝から鳴き出し、昼、夜と鳴き継ぐ。その時間によって、蝉の風情も変わる。掲句は、夜に鳴

↑このページのトップヘ