小島てつを「人生が見えるから俳句は面白い」ブログ版

最近、最新の優れた俳句とその作者を紹介し、俳句の幅の広さ、その奥深さを堪能していただけましたらありがたいです。これをきっかけに俳句を作る人がふえてくれたら、最高です。

2019年08月

加藤耕子さんの第7句集「空と海」所収の句である。2016年の発行。時間軸と空間軸を大きく捉え過去と現在の融合したような句が増えているように思う。
掲句は「太古」と今が融合して、水というものに遠い歴史の匂いを感じとっているようなところが面白い。
句の題材が泉であるところに、鮮烈な躍動感もあらわれている。
こんな句もある。

空海の灌頂の磯涼あらた
藤村の影や葉月の白障子
上賀茂の梶の葉飾る湯葉づくし
逝きてのち五日の天や月清し

4句目、「逝きてのち」の句の逝きしひととは、作者の兄上を指している。身近な人の死は、句にいささかの沈潜を与えている。死でいえば、この時期飯田龍太の死もあった。
長命であることは、ほかの人の死に多く直面することになり悲しみはいや増すばかりである。
句集「空と海」所収。

メタセコイアは樹木の名前、落葉高木の杉とのこと。夏に緑の美しい枝葉を広げるさわやかな樹木。掲句はその化石というから、何万年か過去の石に姿を遺したものを指している。
その名前はハイカラながら、長い歴史があることがわかる。
メタセコイアの化石が資料館に展示されていた。冷房の効いた涼しい部屋で見る樹木の歴史を物語る化石。それを見て何万年が昔のことにイメージをふくらませている作者。 
古いものと新しいもののはざまでしみじみとした色に変質した化石に、静かな感動を覚える作者がいる。そのときの思いをこの句は力まずさらりと表している。燎2019.8

燕子花は、美術好きな人には尾形光琳の屏風絵で知られた花だが、案外俳句で成功したものは少ない。
この句、燕子花が耳を揃えて天の声を聴いているという。何とも美しい捉え方であるといえよう。
燕子花の大きな花弁を、耳、と捉えたのであろうか。花弁は藍色や紫色という、天に連なる色彩が多い。宇宙と繋がる孤高の花、という印象がある。つまり、存在そのものが美なのである。
そのへんの本質を見事に捉えている句である。
作者は、元東大総長。小渕政権時代、文科大臣を務めらた。学者としての専門は物理学。世界的な学会には今も招かれて多忙な日々を送られている。
俳句は同じ東大の先達、山口青邨先生に学ばれた。
天為2019.8

上五「楤の芽」とは、まことに小さいものを描く。かと思うと、中七・下五では一転して大景が描写される。
谷底から響いてくるのは水の音である。水の音が、どんな音をしていたか。きっと側に立って聴いていると、凄まじいものであったに違いない。とはいえ、谷底というから、遥か遠いところという距離感が音を小さくしているはずである。
このように、 楤の芽とそのバックグランドの響きとが一幅の絵のように描かれることで俳句に奥行きが生まれる。深みが増す。自然に対する畏敬の念が、この句を支えている。
対岸2019.6

このページのトップヘ