小島てつを「人生が見えるから俳句は面白い」ブログ版

最近、最新の優れた俳句とその作者を紹介し、俳句の幅の広さ、その奥深さを堪能していただけましたらありがたいです。これをきっかけに俳句を作る人がふえてくれたら、最高です。

アーカイブ:2019年08月

ひとつ捨てひとつはたたむ秋思かな     田中幸雪   

季語「秋思」は、「秋の寂しさに誘われる物思い」であると歳時記は解説している。心理的な季語なので、扱いにくい。最近のこれはという俳句は、「秋思」の持つムードなどを語らず、「秋思」という言葉そのものをうまく使って、俳句を面白くする傾向がある。この句の場合も「

大利根の水を見に行く銀やんま   火村卓造

いま、埼玉県に住む筆者は、郷里、栃木県に帰るときは必ず利根川をわたる。いわば利根川は県境のようなものなのだ。現在はそれほどではないが、水量も多く広々としているところから江戸期には関東を代表する河川として「大利根」「坂東太郎」などといささか大仰にいわれたり

街路樹の影ちぢみたる暑さかな   深沢暁子

暑い日ざかりのとき、人は憩うため木陰を探す。特に、ビル街など歩いているとき、いやおうなく日おもてを歩くことから逃げられないし、赤信号のときなど日のさす中でイライラするぐらい長い時間待たされることが多いのである。そんな時、街路樹をみつけると足が知らず知らず

秋意それぞれに五山の鐘の声    すずき波浪

浜名湖近くに暮らす作者。五山というから、京都を歩かれたのであろうか。五山は古刹の中でも由緒ある寺院にのみ与えられた勲章である。南禅寺、妙心寺や大覚寺など五山と呼ばれるのかどうか。そんな寺領を散策していると、不意に鐘の音が聴こえてきた。音色に、暑い時期には

嘘のやう影のやうなる黒揚羽    岩淵喜代子

かつて俳文学者の山下一海さんは、与謝蕪村の句を歌うようだと指摘していた。(この点、記憶違いでしたらご容赦ください。近日中に原典にあたります。)このことを思い出したのは、岩淵喜代子さんの自句自註を読んでいて、素朴に感じた第一印象が、歌うような句が多いのではな

↑このページのトップヘ