小島てつを「人生が見えるから俳句は面白い」ブログ版

最近、最新の優れた俳句とその作者を紹介し、俳句の幅の広さ、その奥深さを堪能していただけましたらありがたいです。これをきっかけに俳句を作る人がふえてくれたら、最高です。

アーカイブ:2019年05月

春昼のことば吐きたる鯉の口     江中真弓

鯉の口はたしかに印象的だ。池のなかでいつもパクパク動かしている。ふつう、口を開けば水が身体中に入って、苦しいはずなのだが、そうはならない。しぜんには、理屈で割り切れないことが多々ある。それが面白いし、俳人はそういう現象に焦点をあてようとする。この句もそう

鳥雲にヒトはめげずに希望抱く     大牧     広

作者は、俳句を作る上で、ただ美しいとか嬉しいという感覚で作ることをしなかった。どちらかというと、少しひねくれてモノを見て、そして作った。少年時代は、日本は戦争だった。戦場にこそ行かなかったが、少年時代は戦中で、大人になって戦後。ずっと戦争を憎んでいた。戦

一行の詩の寂しさや猫柳    新海あぐり

一行の詩とは俳句をいっているのだと思う。たしかに寂しいといえは寂しい。例えば現代詩。短くても何行かある。詩集など見ると、見開きで1篇というのが多い。歌謡曲などの詩は3番まであるのが多い。最長のものということでいえば1冊まるごと1篇の詩であるという本もあった。

余花といふ華やぎのあり八十路なり     鍵和田 秞子

「未来図」35周年記念号が届いた。そこから主宰作品を1句。余花、春に遅れて咲く花。特に、おそ咲きの桜をいう。そうか、余花にも華やぎがあるのか。一般的には早咲きを愛でる風潮が主流だが、ゆったりとした時の流れの中で見つけた、いまようやく開きはじめた遅咲きの桜一輪

蝶々の飛び交ふ我も出掛けねば       中坪達哉

蝶が花の上をかろやかに飛んでいる景色など見ると、春だなと思う。春だなと思うと、なんとなく心がほのぼのとしてくる。それと同時に、さあ私も活動を開始しなければ、と思う。この句の作者もまた、行動を開始しようと思ったに違いない。辛夷2019.6

↑このページのトップヘ