小島てつを「人生が見えるから俳句は面白い」ブログ版

最近、最新の優れた俳句とその作者を紹介し、俳句の幅の広さ、その奥深さを堪能していただけましたらありがたいです。これをきっかけに俳句を作る人がふえてくれたら、最高です。

今を生きる俳人の、特に優れた俳句を読むことで、今を生きる読者(または実作者)のみなさんのこころに少しでも癒しの風が吹いてくれたらいいなと念願して、今日も鑑賞を書きます。ご感想なだお寄せいただければうれしいです。

春一番は、春を告げる最初に吹く強風だ。この句、琥珀色の蜜の流れ、は、春一番のことを言っているのであろう。そこには、琥珀色や蜜から感じとられる気分的な高揚感がある。その高揚感は、春一番に通じるものである。作者はそう感じ取ったのであろう。第39回藍賞受賞作品より。藍2019.5

関西在住の作者である。この句の吟行地は全山さくらというから、吉野山あたりか。
全山さくらという大景と、そこからカメラアイのように、グーッと焦点を絞っていくと見えてくるのが、一房の花なのである。その一房の花は風にそよいでおり、それらがいくつもいくつも重なりあって、そうして大の世界(全山)を構成している。
大きい世界、そして小さい世界、その往還に、存在するものの秘密が隠されいるように思われる。藍2019年5月

今年の冬から春は、スギ花粉が相当飛んだと報じられた。街には、マスクをした人たちが溢れていた。この花粉、目に見えないから厄介だ。知らないうちに我が体内に入り、くしゃみを連発させたりする。この句の作者が花粉症かどうかはわからないが、真っ赤な網はまさに花粉の姿に通じる。日本列島をすっぽり覆う真っ赤な網。花粉はまさに天網恢々なのである。沖2019.5

このページのトップヘ